ワーキングプア 〜お金のある生活へ〜

ワーキングプアという言葉をご存知ですか?ワーキングプアからの脱却を目指す方法を探すサイトです。

ワーキングプア

  1. ワーキングプアとは
  2. 生活保護水準以下
  3. 転職・再就職は?
  4. 日本のワーキングプア
  5. 最新転職・就職事情

日本経済事情

  1. 増加する生活保護
  2. 日本は貧困国?
  3. デジタルデバイド
  4. 日本の貯蓄率は低い
  5. ニート

金融 マーケット

  1. 株式
  2. 商品先物取引
  3. 為替FX
  4. オプション取引
  5. 不動産
  6. マイホームは投資か?
  7. 利益をあげる鉄則

相互リンク

  1. 相互リンクサイト
  2. リンクについて
スポンサードリンク
ワーキングプアについて

生活保護は?

 「そんなに困っているのなら、仕事を辞めて生活保護を申請する、という選択肢を選べばよい」あなたはこういうかもしれません。また、人間の自然な考え方として、そのほうがより合理的だ、と考える理由もわからないではありません。しかし、残念ながら、安易に生活保護に頼ることができない、というのもワーキングプアのつらいところだといえるでしょう。なぜか?生活保護を受けるためには色んな規則があります。たとえば仕事を辞めたとしても、まずは審査があります。体が丈夫なら、普通に「働きましょう」といわれます。資産があれば、「それは売却して、生活の足しにしましょう」といわれます。昔と違い、車を持っていてはいけない、テレビをもっていてはいけない、エアコンをもっていてはいけない、というわけではないようですが、保有資産に関する取り扱いにはまだまだ規制があります。

 なぜこういったことが起こるのでしょうか?それは、日本では法律において定められている最低賃金の保障額が「平均賃金の約34%(各都道府県別に異なるので、厳密には違う)という低さで、そのため、生活保護以下の家計になってしまう、ということがおきているのです。体は元気、就職の意思もある。ところが、実際に就業してみると完全な貧困層であれば受けられる福祉サービスが「努力して働いたため」に収入が増え、受給資格を失う・・・。とはいえ、国家の財政はすべての人を保護するほど豊かでもありません。そのため、心身的に自立可能であれば、生活保護は与えられない、ということになります。

「完全に自立するほど豊かでないが、生活保護を受けられるわけでもない」・・・・ワーキングプアの立場は、こういった言葉からもわかる通り、非常に危ういものだといえるでしょう。


スポンサードリンク

ワーキングプア〜お金のある生活へ〜TOPサイト利用時の注意点リンクについて
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/09/28