ワーキングプア 〜お金のある生活へ〜

ワーキングプアという言葉をご存知ですか?ワーキングプアからの脱却を目指す方法を探すサイトです。

ワーキングプア

  1. ワーキングプアとは
  2. 生活保護水準以下
  3. 転職・再就職は?
  4. 日本のワーキングプア
  5. 最新転職・就職事情

日本経済事情

  1. 増加する生活保護
  2. 日本は貧困国?
  3. デジタルデバイド
  4. 日本の貯蓄率は低い
  5. ニート

金融 マーケット

  1. 株式
  2. 商品先物取引
  3. 為替FX
  4. オプション取引
  5. 不動産
  6. マイホームは投資か?
  7. 利益をあげる鉄則

相互リンク

  1. 相互リンクサイト
  2. リンクについて
スポンサードリンク
先物取引 オプション 金融 マーケット

オプション 取引

 オプション取引は、ある決められた将来の一時点における原資産を、あらかじめ決められた数量、値段で取引するための権利の売買であるといえるでしょう。これではわかりにくいですね・・・。少し例を出してみましょう。

 たとえばある企業Aの株を、100万円で買う、という権利書があるとします。この権利書の期限は3ヵ月ですが、その期間内であれば、いつでも権利を行使して、100万円でその株を購入できるものとします。今の企業Aの株価は100万円であれば、あなたはどのようなアクションをするでしょうか?

 3ヶ月後には、株価は上昇し、100万円の株価は150万円にまで上がるだろう、と予測したとすれば、あなたはその権利書を50万円までの価格を支払って購入しても良い、と考えるでしょう。一方、株価が3ヵ月後には100万円より下がる、と思えば、あなたはその権利書を誰かに売ってあげるとよいでしょう。(そのときの価格は、100円でも利益になるのですから、いくらでもよいはずですが、リスクを引き受けるのですから、相応のプレミアムを頂きたい、と思うのが普通でしょう)なぜなら、仮に3ヵ月後にその株が、狙いどおり95万円になったとします。そうすれば、誰が100万円でその株を買える権利書を使って、あなたから株を購入するでしょう?普通はその権利書は無価値となり、株がほしければ市場から95万円で調達してくるはずです。こういった権利書の売買、というのがオプション取引なのだ、と考えると理解しやすいでしょう。

 オプションの売り手というのは権利書の売り手であり、先の説明からもわかるとおり、プレミアムを買い手から頂戴します。買い手は、売り手にプレミアムを支払い、権利書を転売、あるいは期限までに権利行使をするわけです。市場では、その時々に応じて、オプションの値段が刻一刻と変化し、取引されています。

 買う権利のことを「コール」とよび、このコールは買い手、売り手に分かれます。一方、売る権利のことを「プット」とよび、このプットもまた買い手、売り手に分かれます。一般的に、オプションの買いは「リスク限定、利益無限大」で、オプションの売りは「利益限定、リスク無限大」と呼ばれていますが、オプションの買い手が利益になることは少なく、ほとんどは売り手が利益をあげることになります。とはいえ、これもスワップ金利を積み重ねたときのように、たとえ100連勝したとしても、1度の敗退でそれまでの利益を帳消しにする損失をこうむる可能性があります。なんといっても「損失無限大」なのですから。どちらがよい、ということではありません。「リスクを管理する」ということが大切なのです。・・・とえらそうにいってみても、実はオプションの取引もほとんど経験がありません。本で読んで勉強し、数回オプション取引をしただけです。ただし、相場ということで私の得意なマーケットと通じるものはあります。結局のところ、どんなマーケットでも、どうすれば勝てるか?という方法論は同じです。細かいやり方は異なっても、その方法論を身に着けているかどうか、ということで、利益をあげることができるかどうか、ということになるわけです。(当然、私はオプションで利益を挙げ続ける自信はありません。が、それは私のメインが今の所商品先物取引だから、というだけであり、オプションマーケットで利益を挙げようと思えば、真剣にやればあげられる自信はあります。相場というのは、どの相場でも勝ち方は数限られてきます。)


スポンサードリンク

ワーキングプア〜お金のある生活へ〜TOPサイト利用時の注意点リンクについて
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/09/28