ワーキングプア 〜お金のある生活へ〜

ワーキングプアという言葉をご存知ですか?ワーキングプアからの脱却を目指す方法を探すサイトです。

ワーキングプア

  1. ワーキングプアとは
  2. 生活保護水準以下
  3. 転職・再就職は?
  4. 日本のワーキングプア
  5. 最新転職・就職事情

日本経済事情

  1. 増加する生活保護
  2. 日本は貧困国?
  3. デジタルデバイド
  4. 日本の貯蓄率は低い
  5. ニート

金融 マーケット

  1. 株式
  2. 商品先物取引
  3. 為替FX
  4. オプション取引
  5. 不動産
  6. マイホームは投資か?
  7. 利益をあげる鉄則

相互リンク

  1. 相互リンクサイト
  2. リンクについて
スポンサードリンク
ワーキングプアについて

結論

 日本のワーキングプアについて、簡単に総まとめをして、結論にはいりましょう。

 バブル好景気時のワーキングプアは、日雇いの仕事もたくさんあり、日当も十分であったので、比較的安定した生活を送ることができた。そのため、そもそもワーキングプアという概念もなかった。しかし、平成の大不況で、日雇いの仕事は激減、賃金も低下。日雇い労働のみならず、ほとんどの企業で人件費コストカットのため、パート、アルバイトなどが増加。契約社員、外部委託も増える。熾烈な企業間のサービス争いも手伝い、低賃金、重労働、という体質ができてくる。一方、少子高齢化に伴った治療費、生活費の増大、福祉サービスの低下などが、問題をさらに複雑にしている。加えて、ワーキングプアはワーキングプアを抜け出すための転職、再就職のためのスキルを磨く時間もお金もなく、そのまま年齢を重ねてゆくという悪循環が続いている。

 ざっくりとまとめてみましたが、おおよそはこういった所に落ち着くでしょう。

 結局、努力するしかない。資産を増やすための方法を見つけ出し、個人が自らとその家族の財産を守る方法を模索し、スキルを身につけ、質素倹約をし、家族の命だけは守ることができるように蓄えないといけない、という常識的な話になってしまいます。また、ワーキングプアがワーキングプアを抜け出すためには、かなりの努力を要することが伺えるかと思います。寝る暇を惜しんでスキルを身につけ、勤勉に働く、というわけですが、それが簡単にできれば苦労しません。そういった所に、この問題の根深さとジレンマがあるのです。


ワーキングプア〜お金のある生活へ〜TOPサイト利用時の注意点リンクについて
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜
ワーキングプア〜お金のある生活へ〜  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/09/28